読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癒しのメモリー

心のうちを吐き出したり、前向きになった言葉を記録したり、私の癒しの記憶を残していきたいと思っています。

一生お金に困らない生き方ー母親に「クソババア」と3回言ってみる。

f:id:iyashi_no_memory:20160831140107j:image

 

自営業の我が家。将来のことで不安になることもある。そんなときに読んだ本の一冊。

 

 

一生お金に困らない生き方

一生お金に困らない生き方

 

 

 「一生お金に困らない生き方」 

心屋仁之助 著

PHP研究所 発行

 

 

お金持ちになるための精神論が書かれていて、不安になった時にパラパラめくって読むと、前向きな気持ちになれます。

 

 

お金を引き寄せる人の考え方が紹介されているのですが、その中の1つに、お金が欲しいと言っている人は、実はお金を受けとっていない、という話があります。

 

 

要約すると、お金を受け取る価値が自分にはないという考え方、貧乏な人の心のクセがある。

 

そしてその心のクセ、お金に対する価値観、大前提は、家族により形成されている。

 

大前提を壊すことは、握りしめていた過去の出来事を手放すこと、それは過去の自分を許すこと。

 

「『あなたは愛されているんだよ。過去も、今も、これからも、ずっと』

自分を許してやることで、心のクセ、かたよりが修正されます。握りしめていた「大前提」が崩れるのです。」

 

 

不安になるとき、それはお金のことに関しても、家族の、というより親の影響はやはり大きいんですね。

 

 

母は、お金を使わない自慢をよく私にした人でした。これはセールで安く買ったものだ、とか、貰ったものだとか。

 

私が夫と結婚するときも、最初に言ったのが「貯金はしておきなさい」でした。

 

今思えば、それも私を苦しめていたんですね。

 

貯金=正義でした。

 

それが悪いとは言いません。問題は私がそれに苦しんでいるという事実。

 

夫はその点、必要なもの、好きなものにはどんどんお金を使う。使ってはいるが、その分稼いでいるので、お金に関して不安を口にしたことがない。

 

そんな夫の様子をみて不安になるのは、いつも私。

 

 

現在、贅沢はできないがお金には困っていない。なのに、いつも私は不安。貯金がいくら溜まっても不安は消えないと思う。過去より貯金は増えているのに、過去も今も不安だから。

 

 

本書ではこうも言っている。

 

 

反抗期をきちんとやれなかった人は、いつまでも親の目を気にしている。親の作ったルール下に置かれているので、お金に対してもネガティヴ。

 

そんな人が罪悪感から解放されて、親の支配下から自由になる方法は2つ。

 

1つ、「母親は幸せだった」と言ってみる。

 

2つ、母親に「クソババア」と3回言ってみる。

 

 

面と向かってじゃなくても、いいそうです。

 

実は私、母親からの電話の後に「クソババア」って言ったことがあります。でもそのあとの罪悪感といったら・・・。

 

今思えば、それでよかったんですね。自分の道を行き出そうとしていた証拠だから。

 

 

 

 

私は愛されてる。過去も、今も、これからもずっと。母親も幸せだった。仮に不幸だったとしても、私の存在は関係ないんだよ、クソババア、クソババア、クソババア!

 

 

 

これから毎日つぶやきます(笑)